不動産知識|購入前に知っておきたい事|セットバック

 

39

家を買う際、聞きなれない言葉がたくさんありますよね。購入の際や購入後に後悔しないように、少しでも知っておくといいと思います。

今回は、セットバック(42条2項道路・道路後退)についてお話ししていきたいます。

 

家を新たに建てるときは、「4m幅の道路に2m以上接していなければならない」と建築基準法で定められています。災害時や緊急時に車両などが」通れないようなところは危険だ!という考えからこうした法律ができたようですね。

しかし、法律などができる前からすでに建てられた建物も多くあります。かといって、行政も直ぐに立て直しなさい!…とは当然言えません。だから、今のままで結構ですよ。だけど、次、建て替えるときは前面道路が4mになるようにあなたの土地を道路に提供してください。そうでないと家を建ててはいけませんよ。と、制限や取り決めがあります。これが「セットバック」といいます。

 

このような制限を知らず土地を購入してしまったら大変ですよね。だって、自分の土地を無償で道路として提供しないといけないのですから。

不動産会社の販売図面には、

・セットバックの有無

・セットバックの面積

・セットバックされた後の有効宅地面積

の記載が必ずありますので、必ず確認しましょう。

 

ではセットバックを図にしてみましょう。

例1・・もとから未知の両側に家があった場合。

36

道路の幅員が3mしかない場合は、道路の真ん中を中心としてどちらの住宅も建て替えのときなどは0.5m分の土地の一部を道路に提供します。

37

このように①と②の宅地が道路として提供されれば4m幅の道路になります。もともと建ててある住宅を建て替えしたときに提供してもらいます。なかなかないお話しなので、気長に待たなくてはいけないですね。

 

例2・・もう一つ道路の片側が川などの場合。

道路の中心からでなく、まるまる宅地側が下がらないといけないんです。

38

山・川・海などは動かせない一方後退という形になってしまいます。

 

このように、道路の幅を確保するためにセットバックがあるんです。狭い道路が隣接して販売している土地や建物、元から道幅がある道路に隣接した土地や建物でもセットバックがないか気にしてみましょう。

 

 

 

【関連ページ 不動産知識】

 

 

 

 

 

 

バナー

青葉住宅販売は、京成本線『京成津田沼』駅が最寄り駅とする習志野市・船橋市・四街道市・幕張本郷エリアを中心に仲介・売買・買取を主な業務としている不動産会社です。他にも管理・建設業もしておりますので、なにかお困りなこと・ご相談ございましたらお気軽にご連絡ください。

習志野市・船橋市・四街道市・幕張本郷エリアで「家を売りたい!」「家を買いたい!」「不動産のことで相談したい!」など不動産売買に関することでしたら弊社にお任せください!地域密着型の不動産だからこそ、地域に密着した営業力と地域情報に詳しいスタッフがお客様目線になり対応させていただきます。

弊社ホームページには弊社の施工例及び、物件情報が多数ご覧になれます。是非ご覧ください(^-^)他にも未公開・水面下情報をお探しの方、是非青葉住宅販売をお頼りください。

青葉住宅販売hp - コピー

青葉住宅販売ホームページ

不動産売却

売却サイト

フェイス

青葉住宅販売Facebook