不動産売却にかかる費用|不動産知識

 

 

前回の記事で『不動産売却の流れ』についてザックリとお話ししましたが…不動産売却には様々な費用が必要となります。今回は不動産売却で必要となる費用に関してお話ししていきたいと思います。

hudousanbaikyaku

《売却にかかる主な費用》

●印紙税 売買契約書に印紙を貼り、消印することで納税をします。
●仲介手数料 仲介を依頼した不動産会社に手数料を支払う。
●抵当権抹消登記等費用(※①抵当権) 抵当権が残っているままの場合は、住宅ローンの残債を支払い抵当権を抹消する必要があります。抹消登記にかかる費用は、登録免許税です。(※不動産1件につき1000円。司法書士に依頼する場合は別途料金がかかります。)
●解体費用 古家のある土地を解体して更地として売却する際には、解体費用がかかります。
●測量費用(※②土地境界確定測量) 土地を実測して売却する場合、測量費用がかかります。(売却をする際に、境界明示をしなくてはいけません。)
●不動産譲渡所得税 譲渡所得とは、資産を譲渡して得た所得の事です。不動産売却により、利益がでた譲渡所得には所得税と住民税がかかります。このことを『譲渡所得税』と言います。(譲渡所得税は不動産売却をして利益が出た場合のみ発生し、譲渡所得がない利益がないという場合には発生しません。)
(※①抵当権)について

例えば土地+建物(計3000万)の物件を購入しようとした場合、キャッシュでは支払えないから銀行からお金を借りるとします。

しかし何も保証も無しに「3000万借して下さい!!」と言って「はい、どうぞ!」なんてことはありません。貸す側(銀行)からしてはしっかり返済してもらえるか心配なところです。もし万が一借りた人の身に何か起こり返済が難しくなった場合、残りの残債をどうなるの?!そこで銀行は『返済できなかった場合は、家と土地を売ってお金を返してもらいます!』となります。万が一の事態に備えて、土地や家を担保に設定することを抵当権を設定すると言います。

(※②土地境界確定測量)について

土地境界確定測量とは、土地を測量することを土地境界確定測量といいます.

・土地の測量は何のためにするのか?

・測量って必ずしなくてはいけないの?

この2点についてお話しします。

 

土地の測量は何のためにするのか?”

まず一つ目が土地の境界を明確にし、隣人とのトラブル防止。

二つ目が測定をした結果に基づき、売買価格決める。(測量をしない場合は、登記に記載されている地積に基づき売買価格を決めます。※登記の地積は必ず正確なものというわけではありません。)

測量って必ずしなくてはいけないの?”

土地の測量は売却時に必ずしないといけないという決まりはありません。ですが上記に書いた通り隣人とトラブル(境界紛争)を防ぐためにも・実測を登記より、より明確な売買価格を決めるためにも測量し境界を明確にすることは大事なことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナー

青葉住宅販売は、京成本線『京成津田沼』駅が最寄り駅とする、習志野市・船橋市・四街道市・幕張本郷エリアを中心に仲介・売買・買取を主な業務としている不動産会社です。他にも管理・建設業もしておりますので、なにかお困りなこと・ご相談ございましたらお気軽にご連絡ください。

習志野市・船橋市・四街道市・幕張本郷エリアで「家を売りたい!」「家を買いたい!」「不動産のことで相談したい!」など不動産売買に関することでしたら弊社にお任せください!地域密着型の不動産だからこそ、地域に密着した営業力と地域情報に詳しいスタッフがお客様目線になり対応させていただきます。

弊社ホームページには弊社の施工例及び、物件情報が多数ご覧になれます。是非ご覧ください(^-^)他にも未公開・水面下情報をお探しの方、是非青葉住宅販売をお頼りください。

青葉住宅販売hp - コピー

青葉住宅販売ホームページ

不動産売却

売却サイト

フェイス

青葉住宅販売Facebook